zumyの美Be HAPPY BLOG

自分のダイエットを通して、アラフォーの美の原点は「健康」であることと「Happy」なマインドだと実感♪

これからの時代の生き方〜男性性と女性性

こんにちは♪

お立寄り頂き、有り難うございます♪

 

さて。

今日は、SNSでお友達と男性性と女性性の話をちょっとしたので。

そのことについて触れたいと思います♪

 

f:id:zumy0415:20201026200542j:plain

 

 

男性性と女性性とは?

『男性性』と『女性性』とは何?という方も多いと思いますので。

まずは、そのお話しから☆

 

www.zumy-kenkobiblog.com

↑この日のブログでも男性性と女性性について少し触れています☆

 

簡単に言うと。

性別に関わらず、全員が持っている一面で。

『男性性』は「行動力」「実行力」のこと。

『女性性』は「思い」「願い」「祈る」こと。

 

例えば、バランスが取れている状態では・・・

「女性性」で「美味しいパフェが食べたい」と思って。

「男性性」で「美味しいパフェのお店を探して行くこと」正に行動です。

 

これが、バランスを取れていないと。

「このワンピースが着たいな。」と思っていても、何かの思考や考えが邪魔をして、「でも、わたしにはこのワンピースは似合わないから。」と行動をやめてしまう。とかいうことが起きてしまいます。

 

バランスが取れていることが「心地良い」未来になっていくそうです♪

 

 

男性性が強かった「地の時代」

さて。

そして、今年の11月に地の時代がクライマックスを迎え。

12月22日からは風の時代へ入ります。

 

地の時代は、権力や地位・名誉・収入・資産など「目に見える」『物質的価値観』に重きを置かれていた時代☆

 

「バリキャリ」という言葉も生まれたほど、女性がキャリアを積んで男性と肩を並べてポジションを獲得していくような時代でした。

正に『男性性』が優位な時代でしたね。

 

 

 

女性性を活かす「風の時代」へ

そして、これからの風の時代はまた流れが、変わって行くそうです。

縦社会だったピラミッド構造は無くなり、みんなが横並び。

いわゆるみんながフリーランスのような状態で。

横のつながりが大切になっていく。

 

つまり「自分はこれが得意だから、これを仕事にしたい!」と望んだことを職業にでき、「こうなりたい」と思った事を実現していく。

そう言う意味で、「思う」「願う」という『女性性』の部分がとても大切になってくるのではないかな☆とわたしは思います♪

 

そして、それを行動に移す「男性性」の部分の力をちょっと借りて。

願いを現実に移していく。

 

 

想像したことは全て形にすることができる

これは、わたしが大好きなウォルト・ディズニーも同じ事を言っていましたが。

宇宙の法則上、人間は想像したことや思った事は現実化することができるそうです。

 

思考が先で、現実を引き寄せる。

良く、「目標を完了形で書くと実現できる」とか聞いたことありませんか?

つまり、もう叶った感情を味わって叶うことを前提で行動を起こすと、本当になる。

www.zumy-kenkobiblog.com

www.zumy-kenkobiblog.com

↑こちらの2記事でも、思考が現実を引き寄せるということを書いています♪

 

ということで。

最近、◎◎したい!!と思った事は、完了形で少し味わってからチャレンジするようにしています♪

思った以上にすんなりいって、ビックリ!!!(笑)

ぜひ、やってみてください☆

 

 

ということで。

これからは、「強い女」がカッコいい!!!という時代では無く。

 

「様々なことを思える、願える、考えられる女性」が素敵☆という感じになるのでしょうかね☆

 

でも、確かに、イマジネーション豊かな人が増えていったら、お互い相手のことも考え合える素敵な世の中になって良いですね♪♪

クレームも、脅しも無い、わたしの望んでいる世の中♪

そういう中で、日々精進して、気持ちよく接客していきたいです☆

今日も、とても気持ちの良いお客様に出会いました♪

日々頑張っている私へのご褒美でしょうか?感謝です☆

そして、自分が何かお店へ買いに行ったときも、そういう気持ちの良いお客様でありたいな〜って思います♪

大体気持ちのいいお客様って、接客業の方が多かったりもしますよね(笑)

 

そして、どうしても怒りがちな家の中でも、穏やかに過ごしたいです☆(笑)

 

宮沢賢治の『雨ニモ負ケズ』」のような人にわたしはなりたいです☆

 

「女性らしさ」「男性らしさ」を求めていくのでは無く。

『自分らしさ』をしっかりと見つめていきたいな♪♪

と思ったのでした♪